総14ヶ国から数千人のファンが参加した

BIGBANGのメンバーG-DRAGONのファンが米花輪の寄付応援文化を引き続けた。

G-DRAGONのファンは先月30〜31日ソウルオリンピック公園で開かれたG-DRAGONの単独コンサート「ONE OF A KIND」に米花輪を送ってスターを応援した。G-DRAGONのコンサート現場へ来た米花輪は日本、韓国、アメリカ、イギリス、中国、ロシア、フランス、インドネシア、フィリピンなど総14ヶ国から数千人のファンが参加した。

今回のG-DRAGONのコンサートに送られた米花輪は総9.91トンで、児童8万2千人が一食を食べることができる量だ。これはG-DRAGONが指定する欠食児童、独居老人など貧しい人に寄付される。

BIGBANGのファンは2011年のBIGBANGコンサートとYGファミリーコンサート、去年3月のBIGBANGコンサート、1月のBIGBANGワールドツアーコンサートなど米花輪寄付の応援文化を倦まず弛まず続けて来ている。

一方、2009年以後4年ぶりにソロコンサートを開催するG-DRAGONは6月末までワールドツアーを進行する。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-