「放送中で二十歳になったのも分からなかった」 1

♯二十歳になった。二十歳になった時と3ヶ月が過ぎた今の感じは?

1月1日MBC「歌謡大典」の放送中で二十歳になったのも分からなかった。私より周りの方がそう感じているみたい。「二十歳になりました」と言うと「君がもう二十歳?」と言われる。歳月がはやく流れて今は本当に大人になったようだ。それだけ責任感も重くなって。

♯学校も卒業したが、格別な気持ちだったのでは

妙な気分だった。今までは学生の身分という防壁の盾があったが、これからは制服も着られないので残念だった。私は大学に行かなかったから、本当に社会人になった。最近、4Minuteのアルバム準備を始める前まで、スケジュールは多くなかった。そのためか、最近は頭の中が複雑だった。中学の時よりは大丈夫だったけど。

♯学生時代はどうだったか

学生時代を中2までしか経験できなかった。芸能活動をしたせいで、学校生活をまともにできなかった。だから、修練会や修学旅行の記憶もないし、学生時代に関する思い出もない。何というか。私の学生時代は苦々しくて寂しかった。楽しめなかったから。最初、友人は私の芸能生活を不思議に思って羨んだが、後ほどにはそうでもなかった。友人との思い出が不足したのが個人的には最も残念。