ステッカーを購入して入力すると、新曲「ミチGO」を鑑賞することができる

男性アイドルグループBIGBANG(D-LITE、G-DRAGON、TOP、V.I、SOL)のリーダーG-DRAGONのモバイルメッセンジャーステッカーが韓国と日本で販売量1位を占めた。

1日ネイバーのグローバルモバイルメッセンジャー「LINE」で発売された「G-DRAGONステッカー(G-DRAGON SPECIAL EDITION)」は2日現在、韓国と日本での販売数を上げて、人気を集めている。

メッセンジャーのユーザーはG-DRAGONの「LINE」公式アカウントに接続した後、2.99ドル(約3300円)で販売されているこのステッカーを購入してダウンロードしたステッカーを入力すると、G-DRAGONの新曲「ミチGO」を鑑賞することができる。

ステッカーの販売量が高いほど「ミチGO」音源ストリーミング回数も増加するという推測が可能だ。「ミチGO」はタイトルのまま音楽を聴いた瞬間おかしくなるほど楽しめるエキサイティングな最新スタイルのヒップホップ曲でG-DRAGONは、先月30日と31日に開かれた初のソロワールドツアー「ONE OF A KIND」でこの曲を披露した。

YGエンタテインメント(以下YG)側は「これまでYGとG-DRAGONは『ミチGO』をファンではなく、大衆にどうすれば特別な形で伝えられるか悩んできたが、新たに変化している音楽市場に歩調を合わせ『LINE』を通じて発表することに決めた」と伝えた。

YGは引き続き「約10年の間、音楽市場は音源を中心に改編され、音源をPC経由でダウンロードしたりストリーミングを通じて鑑賞することが普遍の形として定着するようになったが、最近はスマートフオンユーザーが急増してモバイル市場が拡大した。音楽もスマートフオンを利用して場所を問わず、ストリーミングサービスを利用する人々が増えてきている傾向にある」と説明した。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-