「今まで共演したどの女優よりも若い」

ソン・スンホンがシン・セギョンと共演することになった感想を明らかにした。

「2013春MBCドラマビッグ3スペシャル」では、スタートを前にしてMBCドラマの主人公のインタビューと鑑賞ポイントなどが紹介された。

新水木ドラマ『男が愛する時』で苦労した人生を送ってきたハン・テサン役を演じるソン・スンホンは、相手役のミドを演じる14歳年下のシン・セギョンに対して「今まで共演したどの女優よりも若い」と明らかにして注目を浴びた。

まもなくソン・スンホンは「しかし幸いにも、僕からはそれほど年の差は感じられない」と明らかにした。これに対し製作スタッフが「互いにそのように感じているのか」という質問を投げると、ソン・スンホンは「あー、僕はそのように感じている」と答えて力なく笑った。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-