圧倒的な興行を記録し注目を集めている

ワールドスターイ・ビョンホン帰還、より強力なアクション軍団の活躍と巨大なスケール、一番ホットな映画でブロックバスターを待っていた観客たちを捕らえて歴代の3月公開作の中で最高のオープニングスコアを記録した映画「G.I.ジョーバック2リベンジ」が3月31日(日)まで全国観客830,048人を動員しボックスオフィス1位に上がった。

特に「G.I.ジョーバック2リベンジ」は、週末を迎え劇場を訪れた観客たちの爆発的観覧熱気で週末二日間で約57万人を動員し、熱い興行傾向を示した。また、先週公開した興行巡航中の「恋愛の温度」の二倍ほど高いスコアを記録したのはもちろん「新世界」などの作品を軽く超え圧倒的な興行を記録し注目を集めている。

ワールドスターとして位置を固めたイ・ビョンホンの魅力的な活躍と熱いアクション、1編を凌駕する新しいアクション軍団の登場とスタイリッシュな映像で観客の爆発的支持を得ている映画「G.I.ジョーバック2リベンジ」。オフシーズンにも関わらず公開4日目にして83万人の観客を動員し、劇場街に活力を吹き込んでいる「G.I.ジョーバック2リベンジ」の興行に注目が集まっている。

アメリカボックスオフィス専門サイト「ボックスオフィスモジョ(www.boxofficemojo.com)」によると、北米で3,719ヶ所劇場にて公開した「G.I.ジョーバック2リベンジ」は3月29日(金)から3月31日(日)までの3日間4,120万ドルを記録し、累計興行収入5,167万ドルで公開初週ボックスオフィスの頂上に上がった。

それだけでなく、韓国と米国ボックスオフィスの両方を占領した「G.I.ジョーバック2リベンジ」は、全世界興行収入は1億3,000万ドルを記録し、全世界に爆発的興行熱気を増している。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-