魅力を大放出

アイドルグループSHINee(シャイニー)がステージを縦横無尽に駆け回り、言葉の必要がない完ぺきなステージを展開した。

SBS「人気歌謡」に出演して新曲「Dream girl」を熱唱したSHINeeは、華やかなパフオーマンスにもかかわらず、ぶれのない歌唱力でワールドスターとしての威厳を見せつけた。スタンディングマイクを利用した群舞は、ステージの完成度を高めるのに一役買った。

同曲は、ジャスティン・ビーバーのプロデューサーで有名なシニョクプロデューサーと作曲チームJoombas Music Factoryの作品で、魅力的なボイスと緊張感あふれるメロディが絶妙の調和を作り出していると評されている。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-