アイドルコンサート会場を連想させるかの如く爆発的な歓声

韓国代表演技派俳優のシン・ハギュンの生涯初アクション演技とコミカルな魅力で観客たちの期待を高めている映画「ランニングマン」が誠信女子大学でFacebook「いいね」イベントに参加した女子大生らと「ムービーデート」を開催し、爆発的な反応を呼び起こした。

この日のイベントには公約を掲げた俳優シン・ハギュンをはじめイ・ミノ、キム・サンホ、チョ・ウンジまで「ランニングマン」の主演俳優たちが参加し、熱い雰囲気の中で行われた。

映画が上映されると、上映館をいっぱいに埋めた約750人の女子大生と関係者たちは映画が伝える愉快さに終始一貫笑い、緊迫感あふれる展開に感嘆し、歓呼をあげ、快感とおもしろさに満足感を現わした。

続いて「ランニングマン」の俳優たちがステージに登場すると女子大生たちはまるでアイドルコンサート会場を連想させるかの如く爆発的な歓声を送り熱く盛り上げた。特に女心をひきつける俳優シン・ハギュンが熱い声援に感謝と共に最初の挨拶を述べると、女子大生はさらに熱気を増し笑いをプレゼントした。

「ランニングマン」の俳優たちの一言の挨拶とコメントにも耳がおかしくなるほどの熱狂的な声援を送り現場が熱かった。続いてシン・ハギュンは撮影中の怪我の話から、アクションで苦労した点をなど多彩な話題に会場は耳を澄ませた。

また、その映画の中でなんだかんだと息の合った親子を演じた俳優イ・ミノは「今回の作品で先輩方に支えられながら、多くのことを学んだ。両脇のシン・ハギュン、キム・サンホ、チョ・ウンジ先輩は本当に心強い」と共演した俳優たちに対する愛情を表わした。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-