現地関係者たちに大きい関心

俳優イ・ビョンホンの二番目のハリウッド映画「G.I.ジョー バック2リベンジ」のワールドプロモーションが有終の美を飾った。

アメリカロサンゼルスメンズチャイニーズシアターの前で進行されたこの日の行事にはイ・ビョンホンとブルース・ウィリス、ドウェイン・ジョンソン、エドリアン・パリッキ、DJ コトローナなど映画出演陣たちが大挙参加して席を輝かした。

アメリカではすべての世代で同時に一番人気を誇った原作アニメーションが映画化された作品であるだけに、数多くのファンがキャラクター衣装を直接作って着て来たり、仮面をかぶって来るなど熱狂的な応援を送った。

レッドカーペットはCNN、ハリウッドレポート、FOX、LAタイムズなど有名媒体たちとのインタビュー、公式フオト撮影まで約1時間の行事が進行されたし、イ・ビョンホンは歓声を上げるファンと写真を撮ってサインをするなどファンに対する愛情を借しまず表現した。

試写会の中でもイ・ビョンホンは熱い人気を誇示した。彼が演技した「ストーム・シャドー」が原作で一番愛されるキャラクターなのを立証するように試写会の中でもストーム・シャドーの登場と活躍毎にファンの熱狂的な歓声と拍手を浴びた。

特に映画のハイライトのストームシャドーとスネークアイズの対決場面ではどんな場面よりも熱狂的な観客たちの歓声があがったという裏話だ。2009年に「G.Iジョー」1編でもLAで進行されたワールドプレミアに参加したイ・ビョンホンは「G.I.ジョー バック2リベンジ」でいっそう大きくなった存在感が、現地関係者たちに大きい関心を受けて堅固になった位置を立証した。

試写会直後、有力映画製作社関係者たちの賞賛が続いたし、現場の取材陣たちの取材熱気も熱かった。

一方、28日に全世界同時公開した「G.I.ジョー バック2リベンジ」は歴代韓国3月公開作の中で最高のオープニングスコアを記録して公開初日の28日に11万9,475人の観客を動員するなど巡航中だ。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-