アイドル歌手と余命宣告の患者たちで結成された奇蹟の「不死鳥」バンド

5月に公開を控えている映画「熱いアンニョン」がFTISLANDの感性ボーカルイ・ホンギを含めてマ・ドンソク、イム・ウオンヒ、ペク・ジニ、子役俳優のジョン・ミンソまで盛りだくさんの個性派俳優陣を電撃公開した。

ホスピス病院を背景に死を控えて別離を準備する人々が正体不明のロックバンドを結成してコミカルと感動を描いた映画「熱いアンニョン」がイ・ホンギ、マ・ドンソク、イム・ウオンヒ、ペク・ジニ、ジョン・ミンソまで個性が溢れる演技派俳優たちのアンサンブルで耳目を集中させている。

まずはアジアで爆発的に愛されているFTISLANDの魅力ボーカルイ・ホンギが「熱いアンニョン」を通じて初スクリーン申告式を行う。問題を起こしてホスピス病院でボランティアをするようになった問題アイドル「チュンイ」役を引き受けたイ・ホンギは飛び回るような演技で歌手ではなく俳優としての立場を堅く固めて、観客たちの注目を確かに受けるように予想される。

一方、映画「隣の人」で町内やくざ役を演じたマ・ドンソクが今回の作品で元ヤクザ出身である脳腫瘍患者「ムソン」役に扮した。尋常ではない雰囲気に大柄で険しい印象とは違い、誰より病棟の皆を大事にして、音楽を愛する義理派ドラマー役のマ・ドンソクは味を出す演技はもちろん、強烈な存在感で映画にいなくてはならない役をたっぷり演じる。

「独立映画の新星」で現在はブラウン管とスクリーンを出入りして「ライジングスター」に急浮上したペク・ジニも「熱いアンニョン」を通じてこれまで見られなかったイメージ変身をはかった。バンドでベースとボーカルを引き受けたボランティア担当者「アンナ」を演技したペク・ジニはシチュエーション・コメディー「ハイキック!短い足の逆襲」、ドラマ「チョン・ウチ-時空導師」、映画「フェスティバル」など多様な作品を通じて積んだがっちりしている演技力を土台に「熱いアンニョン」で初々しい軍旗班長としての魅力を見せてもう一度男心を捕らえることと期待される。

アイドル歌手と余命宣告の患者たちで結成された奇蹟の「不死鳥」バンドが人生最高のクライマックスを迎えるために最後の舞台を準備する映画「熱いアンニョン」は観客たちに愉快な笑いと胸温まる感動を伝えることだろう。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-