地元の人たちの関心を引くために韓流スターヒョンビンを採用

SBSドラマ「シークレットガーデン」で気難しいデパート社長キム・ジュウオン役で熱演した俳優ヒョンビンが社長ではなく、モデルとなった。

ロッテデパートは今年の広告モデルに少女時代と俳優ヒョンビンを起用した。ロッテデパートは昨年からモデルとして活動している少女時代と再契約を結ぶ一方で、新しいモデルとしてヒョンビンを起用した。

少女時代とヒョンビンは1年間のデパートモデルとして活動する。会社関係者は「『若くてファッションに強いデパート』のイメージを維持するために、少女時代と再契約をして、グローバル店舗を利用する地元の人たちの関心を引くために韓流スターヒョンビンを広告モデルに採用した」と説明した。

面白いのは「シークレットガーデン」でヒョンビンが社長に出てきたロイヤルデパートの撮影地がロッテデパート清涼里(チョンリャンリ)店であるという点だ。ドラマ以降、最高の人気を謳歌したヒョンビンは現役海兵隊員として入隊して国防の義務を果たした後、約2年ぶりに社長ではなく、モデルとして帰ってきたのだ。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-