少女時代メンバーたちが製品企画段階から直接開発に参加

ファッションヘア専門ブランド「ヘアコーチャー」(代表取締役キム・ミンソク、www.haircouture.co.kr)がSMエンタテインメントと手を取り合って全世界ファッションヘア市場攻略に出る。

ヘアコーチャーは最近SMとSM所属女性グループの少女時代と共同事業契約を締結し、6月から全世界を対象にするファッションヘア生産及び流通事業に出ると明らかにした。

ヘアコーチャーのキム・ミンソク代表取締役は「今後、少女時代9人メンバーたちのスタイルを活用した多様なヘア製品たちを披露する予定であり、少女時代が音楽は勿論、全世界韓流市場のファッションアイコンとして位置づけただけ、世界市場で良い反応を得ることができるだろう」と見通した。

特に今回の事業は単純広告契約ではなく共同事業に対する契約で少女時代メンバーたちが製品企画段階から直接開発に参加したことと知られて注目されている。

ヘアコーチャーはアメリカを基盤にして北米と南米、ヨーロッパなど20か国余りでファッションかつらを製作し、流通させているファッションヘア専門会社で今回、韓国事業ロンチングをきっかけで中国と台湾、タイなどアジア市場を順次に開拓して行くことと知られた。

一方、国内ヘアー市場は毎年大きく成長しているし年間6,000億規模の市場であることと調査された。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-