「一人で隠れてたまに見る」

チャ・スンウオン:韓流スター・韓流ドラマなどの韓流情報なら韓流エンターテイメント!

ケーブルチャンネルtvN「ペク・ジヨンのピープルインサイド」にデビュー17年目の俳優チャ・スンウオンが出演し、自分の演技が恥ずかしくてモニターをしないと打ち明けて注目を浴びた。

チャ・スンウオンは「自分の演技をモニターするのか」というMCペク・ジヨンの質問に「一人で隠れてたまに見る。実は一人で見るのも恥ずかしい。きちんと見たことはない」と打ち明けた。もちろんチャ・スンウオンが初めからモニターをしないのではなかった。映画出演の序盤にはモニターしたが、満足できない演技の残像が頭の中に飛び交い、かえって副作用を引き起こしたという。

チャ・スンウオンは「現場で見たり、公開からあまり経たない時は大丈夫だったが、時間が過ぎると恥ずかしくなる。長い時間が過ぎても、僕が見て『本当に上手くやった』という作品が二編ほどあったら良いだろう」と伝えた。

これに対しペク・ジヨンが今までの出演作の中で誇らしい作品があるかと尋ねると、映画『先生キム・ポンドゥ』を挙げて「今またやれと言われたらできないだろう」と話した。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-