ドキュメンタリーのナレーションを務める

JYJ/ジュンス:韓流スター・韓流ドラマなどの韓流情報なら韓流エンターテイメント!

アイドルグループJYJメンバージュンス(シア、本名:キム・ジュンス)が、ドキュメンタリーナレーションのため数年ぶりにMBCの敷居をまたいだ。

2009年以来、5年ぶりにMBCに立ち入ったことになる。ジュンスは今月24日午後、ソウル市汝矣島(ヨイド)MBC本社を訪問し、ドキュメンタリースペシャル「動物園が生きている」のナレーション録音を進めた。MBCに入ったジュンスは「MBCへ5年ぶりに来た」と、言い表せない気持ちを伝えた。

現場関係者によれば、ジュンスは5年間の空白を埋めるかのように、全力をつくして録音に臨んだという。「動物園が生きている」の製作スタッフは「ジュンスは普段から非常に動物好きだと聞いた。そしてジュンスはドラマチックで魅力的な声を持っているので、視聴者たちに動物たちの話をあふれる躍動感で明るく伝えられるだろう」とジュンスへの交渉理由を明らかにした。

ジュンスは「動物たちの姿がとても愛らしかった。このドキュメンタリーをきっかけに、動物たちに多くの関心を持ってくれたら良いだろう。話がとてもおもしろくて暖かいので、多くの方々が視聴してヒーリングタイムを持ってくれればうれしい」と感想を伝えた。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-