「職場の神」製作発表会

俳優オ・ジホがキム・ヘスとキム・ナムジュに丁寧になるしかないと明らかにした。

ソウル梨花女子大学の三星(サムソン)ホールで進行されたKBS新月火ドラマ「職場の神」製作発表会にはジョン・チャングンPD、俳優キム・ヘス、オ・ジホ、チョン・ユミ、イ・ヒジュン、ジョン・ヘビン、チョグオン等が参加した。

この日オ・ジホは「自然に両手が集まってしまう方がお二人いる。キム・ナムジュ、キム・ヘス先輩だ」と言いながら「僕だけが感じるのではなく自然にそのようになる」と言った。引き続き「キム・ヘス先輩とは幼い時にバラエティを一回一緒にした。トップスターの姿を知っているからそうなるようだ」と説明した。

またオ・ジホは「キム・ナムジュ先輩とも新人の時に映画をした。それでお二人はいつも僕にとってはスターだ」と付け加えた。

「職場の神」は部長をも途方に暮れさせる「スーパー契約職」ミス・キム(キム・ヘス)と彼女を取り囲んだ会社員たちの仕事と愛を差別化されたリアルなエピソードの中に愉快で溌剌と描き出す本格ロマンチック生存コメディーだ。

オ・ジホは劇中でマーケティング営業部署の新任チーム長チャン・ギュジク役を引き受けた。名門大を出て生まれつきの勘と磨き上げたおせじで優秀社員として表彰を二回も受賞した人物だ。「職場の神」は「広告の天才イ・テベク」後続で韓国で4月1日より初放送される。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-