熱心に努力して絶対に良いステージを披露したい1

アイドルグループBIGBANG(ビッグバン)のG-DRAGON(Gドラゴン)が、イ・ハイに直接コンサート参加を要請した。

YGの末っ子、16歳の怪物新人イ・ハイが、G-DRAGONの要請で彼のワールドツアーステージに立つことになった。G-DRAGONは今月30日〜31日、ソウルオリンピック公園体操競技場でワールドツアーの火ぶたを切るが、イ・ハイに共にステージを作ろうと自ら提案したという。イ・ハイが今回G-DRAGONと共に歌う曲は、G-DRAGONのミニアルバム収録曲「結局」だ。この曲は、まだ公開されていないYGの新しいガールズグループメンバーがフィーチャリングで参加している。G-DRAGONはイ・ハイの中低音のソウルフルな歌声が好きで、イ・ハイに共演を要請した。

イ・ハイは、普段から尊敬しているG-DRAGONの要請が信じられず、とても喜んだそうだ。自分の曲でステージに上がるのではないが、熱心に努力して絶対に良いステージを披露したいと話し、すでにとても緊張するという感想を伝えている。

イ・ハイの立場では、音楽性と大衆性を兼ね備えたG-DRAGONと同じステージに上がるということも喜ばしいことだが、観客一万人を超える大きなステージに初めて立つこともときめく理由の一つだ。