「ビルボードチャートで絶対1位になりたい」

こんにちは。CNBLUE(シーエヌブルー)リーダージョン・ヨンファです。韓国での活動が一段落してから1ヶ月ぶりにごあいさつしますね。

皆さんもご存知ですが、CNBLUEは一年中“フル稼働”中です。韓国活動期間中には歌番組に出ますが、気が気ではありません。撮影日はリハーサルに参加するために早朝からテレビ局へ向かいます。現場での待機時間がとても長くて、生放送や収録が終わる夜まで、全く動くことができません。その後はたいてい練習室へ直行、メンバーと合奏練習を始めます。韓国活動を終えれば日本での活動スケジュールが待っています。最近も来月から始まるワールドツアーコンサートの準備で忙しいです。外国に留まっているので、このインタビューも書面で進めることになったことをお許しください。

熱心に仕事をしていると、一人きりの時間を設けるのが容易ではありません。作曲に没頭する時間もです。そんな時は、細切れの時間を積極的に活用します。待機時間中には、いつもイヤホンをつけたまま音楽を聴きます。この頃はアメリカ人歌手ブルーノ・マーズ(28)にどっぷりハマっています。メンバーと音楽の話を情報も交換します。

もう少し時間が出来た時は運動をします。僕はどんな仕事をしようが、元気な心身は必須だと考えます。それで時々フィットネスクラブに行って、ウェイトトレーニングで体力を補充します。特に休息期には自分から怠けないように普段より運動比重を増やします。学生時代にはバスケットボールを楽しみました。学業のストレスを発散するには、バスケットボールがぴったりなんですよ。

時間管理で“計画”より重要なのは“実践”です。ただ実践は動機が明確なほどその力を発揮します。僕は最近も最高のミュージシャンになるため、絶えず自分自身に鞭を打ちます。どこからそのようなエネルギーが出てくるのかって?「一生夢見てきた仕事をして生きる」という自負だとおもいます。実際に、僕は6歳の時にピアノ、小学校入学後にクラリネットをそれぞれ習って、音楽と自然に接しました。中学生になってからは、早くに作曲も始めましたし。

今から何十年後の計画までたてる必要はないと思います。ひとまず今は白髪混じりになる時までCNBLUEメンバーとステージに上がるのが目標です。あ、その前に絶対アメリカのビルボードチャートで1位にもなりたいです。これは僕の自慢ですが、1月にビルボードワールドアルバムチャートでCNBLUEの4thミニアルバム『Re:Blue』が1位になりました。最近はそのことを考えだけで、夢に一歩近付いたようで喜んでしまいます。

皆さんも勉強が大変な時、“遠い未来の私の姿”を具体的に想像してみて下さい。もちろんその前に自身の適性と能力からしっかりと考えてみなければなりません。「自分は何の仕事をする時が最も楽しいだろう?」と自問自答してみるのも良い方法です。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-