「Girl’s Dayにそう大きな関心を持ってくれるとは思いもしなかった。」

米国の有力音楽媒体であるビルボードがガールグループのGirl’s Day(ガールズデイ)を絶賛した。

ビルボードは最近1stアルバムでカムバックしたGirl’s Dayに関し「Girl’s Dayが1stでセクシーな魅力と音楽的成熟を見せてくれた。Brown Eyed Girls(ブラウンアイドガールズ)、AFTER SCHOOL(アフタースクール)、SISTAR(シスター)、ヒョナからGirl’s Dayへとセクシーコンセプトの流れが続いている」と報道した。続いて「収録曲の『I Don’t Mind』は1990年代のR&Bバラードを再現し『Easy Go』はエレクトロポップのあふれるエネルギーが込められている。また『彼女を信じるな』は雄壮なサウンドと原始部族特有のビットが混在した実験的な曲だ」とアルバムの説明も付け加えた。

これに関しGirl’s Dayの所属事務所ドリームティエンタテインメントの関係者は「K-POPに対する海外の関心度が大きいということは分かっていたが、Girl’s Dayにそう大きな関心を持ってくれるとは思いもしなかった。安定した成長で絶対に海外でも良い活動をすることができるガールズグループになるように努力する」と話した。

Girl’s Dayは14日、2年8ヶ月ぶりに初めてのアルバム「期待して」を発表し、斬新な衣装と振り付けが話題のタイトル曲「期待して」でカムバック活動中だ。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-