「既存のカントリーを再解釈した『Kountry(K−POPのcountry)』」

新しい音楽的な試みで外国通信からの絶賛を受けたガールズグループ4Minuteの2YOON(ガユン、ジユン)がアジア進出に出て本格的に海外プロモーションに突入する。

所属事務所キューブエンタテインメントによれば2YOONは21日から23日までタイで進行されるアジアプロモーションを行うために出国する。女性アイドルグループのユニットが海外活動をすることはAFTER SCHOOLのORANGE CARAMELに引き続き二番目だ。全世界的にK-POPの権威が変わった中にK-POPの代表走者の歩みに関心が集中されている。

1月に初ミニアルバム「Harvest Moon」でデビュー活動をした2YOONはジャンル的試みが引き立つタイトル曲「24/7」で国内外ファンの好評を得た。「24/7」はK-POPで初めて試みたジャンルであるカントリー風を基盤としたダンス曲だ。アメリカの有名マガジンSPINはこの曲に対して「既存のカントリーを再解釈した『Kountry(K-POPのcountry)』」と言いながら褒め言葉を惜しまなかった。

一方、タイを始まりに初海外活動に突入する2YOONは現地放送出演及び記者会見、インタビューなどを通じてファンと交流する計画だ。以後アジアを中心に約3か所を追加して活発な海外活動を引き続ける計画だ。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-