明るい笑顔で感謝の気持ちを伝えた

食べる化粧品innerb(イナビー)のモデルとして活躍中の俳優チョン・ウソンがOLIVE YOUNG(オリーブヤング)明洞本店ライフスタイル体験センターでファンサイン会を行った。

数百人のファンたちが殺到した中で開かれた今回のサイン会は昨年12月にinnerbのモデルに抜擢されて以来初めて行う公式イベントであった。最近、映画の撮影で忙しい日々を送っているチョン・ウソンは久しぶりにファンの前に姿を現わし会場を訪れた女性ファンに向かって明るい笑顔で感謝の気持ちを伝えた。

innerbは最近一ヶ月間で3倍以上の売上成長を記録するなど「チョン・ウソン効果」をたっぷり感じていると伝えられた。一方、innerbはチョン・ウソンが出演した「innerbリアクティブコラーゲン」のCMの中でチョン・ウソンの心を動かす「1%の彼女」になれるイベントも開催した。

チョン・ウソンが直接1人を選びinnerb製品をプレゼントすると同時に、チョン・ウソンとの記念撮影の機会も与えられた。innerbブランド担当のイ・ビョンヒ部長は「innerbはアンプル、カプセル、ドリンクなど様々なタイプの製品で好みに合わせて簡単にお肌の水分を補充することができる。今回のマーケティングに春のスキンケアのための代表製品としての位置を確保する事を期待する」と述べた。

一方、innerbは最近アンプル型食べる化粧品である「innerbリアクティブコラーゲン」を発売しており、チョン・ウソンを起用した広告を放映している。CJ第一製糖は新製品や新規広告、イベントなど積極的なマーケティングを展開し、2015年までに500億ウオン台のブランドに成長させる計画だ。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-