僕、結婚します。

俳優シン・ヒョンジュン(45)が結婚隊列に合流する。

シン・ヒョンジュンは5月26日、ソウル漢南洞(ハンナムドン)グランドハイアットホテルで12歳年下の在米韓国人の彼女と結婚式を挙げる。シン・ヒョンジュンが自身のTwitterを通じて残したメッセージを通して公表した。

未来の新婦は音楽を専攻した美貌の持ち主であることが伝わった。メディアによると、2人の出会いはかなり古く、長いつきあいとのことだ。それだけ厚い信頼の中で結婚を決めることになったわけだ。

シン・ヒョンジュンはこの日、自身のTwitterで「僕、結婚します。これからは二人で力を合わせより誠実に、より努力する神の美しい働き手となります。感謝します」というメッセージを掲載し、結婚の事実を知らせた。

特に「アダムは言った。これこそ、今や、僕の骨からの骨、僕の肉からの肉。これを女と名づけよう。これは男から取られたのだから。それゆえ、男はその父母を離れ、妻と結び合い、ふたりは一体となるのである」という聖書の一節を引用し敬虔な気持ちを表現した。

シン・ヒョンジュンは1990年映画「将軍の息子」でデビューし、ドラマ「天国の階段」「カクシタル」「ウララ夫婦」、映画「家門の危機」シリーズ「裸足のギボン」などの様々な作品を通じて演技派俳優としての地位を確立した。現在KBS2「芸能街中継」のMCとしても活躍している。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-