アルバムの追い込み作業に邁進している

歌手ユナとナオルが意気投合した。

今年の春のニューアルバムリリースを控えているユナはこれに先たち22日、タイトル曲「アニヤ(ではない)」の音源を先公開する。「アニヤ(ではない)」は国内で指折り数えられるミュージシャンであると同時にシンガーソングライターとしても脚光を浴びているナオルが作った曲で、別れた恋人との辛さをユナの声を通じてよく盛り出した。

去年KBS2TV「不朽の名曲」、MBC「私は歌手だ」に出演して大衆性を確保したユナはこれまでユ・ヒヨル、ハリム、フィソン、TABLO、チョ・ギュチャン、キム・ボムスなど国内で有名なアーティストたちとともに呼吸を合わせた事がある。

ユナの所属事務所ウィオールライブは「ユナの今回のアルバムはコラボレーションの性格が強いアルバムで、国内最高のアーティストたちとともにする予定だ。ユナは現在完成度の高いアルバムのためにアルバムの追い込み作業に邁進している」と伝えた。

ユナとナオルが手を組んだ曲「アニヤ(ではない)」は22日、韓国の各種音源サイトを通じて公開される。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-