所属事務所に対する無限の信頼を現わした

歌手シン・ヘソンが3年間ともにした所属事務所と再契約を締結して義理を守った。

シン・ヘソンは最近所属事務所ライブワークスカンパニーと再契約を締結した。2009年に専属契約を結んだ後、韓国内だけではなく日本と台湾など海外で活発な活動を広げて来たシン・ヘソンはこれまで積んで来た深い信頼で契約金の金額と関係なく現所属事務所と継続して縁を引き続けて行くことを決めた。

シン・ヘソンは「歌手シン・ヘソンとグループSHINHWAのメインボーカルシン・ヘソンとしての活動にすべての力を借しまず支援してくれた所属事務所に感謝して、これからより一層音楽活動に邁進して歌手として良い姿をプレゼントできるように努力する」と所属事務所に対する無限の信頼を現わした。

ライブワークスカンパニーの代表は「シン・ヘソンとは10年近くお互いを分かり合って来たがいつも音楽に対する情熱があふれる歌手だ。もっと良い提案が多かっただろうに会社を信じて再契約の決定をしてくれたシン・ヘソンに本当に感謝し、アルバム、公演などミュージシャンとしてのソロ活動と大韓民国最長寿アイドルグループであるSHINHWAとの活動の均衡を維持しながら2つの分野でより一層成長するように借しまず支援する」と話した。

シン・ヘソンは16日、17日両日間ソウルオリンピック公園体操競技場で開催されるSHINHWAのデビュー15周年記念コンサートを始まりにしばらくはグループSHINHWAのメンバーとしての活動に専念する。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-