ボーカル、ラップ、ダンスの実力を取り揃えた5人組み男性グループLU:KUS(ルクス)

オープンワールドエンタテインメントを通じてデビューしたX-5(エックスファイブ)出身の3人が所属事務所を移して新しい名前で活動を再開する。

ボックスメディアは「ボーカル、ラップ、ダンスの実力を取り揃えた5人組み男性グループLU:KUS(ルクス)が4〜5月頃、デビューアルバムを発表して本格的な活動に出る」と明らかにした。LU:KUSはX-5出身であるジェイワン、ドンヒョン、ジンワンとソロ歌手活動経験があるCHOI、韓国放送芸術振興院実用音楽科ボーカル専攻者のキョンジンで構成された。

X-5は前所属事務所オープンワールドの代表が所属事務所練習生に性暴行した説が上がって活動が中断した後、リーダーゴヌ(24、本名ソン・ヒョンシク)が去年の12月に軍隊に志願入隊しながらチームが事実上解散した。以後メンバーたちは前所属事務所と専属契約を解約して現所属事務所であるボックスメディアに移した。

ボックスメディアは前KBS芸能局長出身のパク・ヘソン代表が設立した外注製作社でKBS「TOP BAND 2」、チャンネルA「不滅の国家代表」などを製作して来た。アイドルグループ製作は今回が初めてだ。

LU:KUSというチーム名は「ルック・アス(Look Us)」という意味で、「僕たちを見て」とメンバーたちの力強い自信感が盛られた。ピアノの演奏が上級であるCHOIは2007年「ユースフェスティバルバンド部門」最優秀賞、2008年「ユースフェスティバル歌謡部門」最優秀賞、2010年「ドンドゥチョンロックフェスティバル」大賞、2010年「ナスロックフェスティバル」大賞など多様な受賞経歴がある実力派だ。またドンヒョンはギター演奏、ジェイワンはロシア語と英語など外国語が流暢だ。

ボックスメディアの代表は「才能があるメンバーたちが1つの夢のために集まった。日本、中国、東南アジアなどアジア圏で全方的に活動するK-POPグループとして成長させる」と明らかにした。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-