歌謡界のトップに君臨できるか期待1

洪水のようにあふれる新人アイドルグループ攻勢の中でも中毒性の強いヒットソング、派手なパフオーマンスなどを武器に安定したファンを保有し、新スター軍団に位置づけたアイドルグループがいる。INFINITE、B1A4(ビーワンエーフオー)がその主人公だ。

INFINITEは最近、ソウル市芳夷洞(バンイドン)オリンピック体操競技場でファンミーティング「2013INFINITE無限大集会」を開催した。公演会場には1万2,000人のファンが集まってINFINITEの人気を再び証明した。

2010年に「また戻ってきて」でデビューした彼らは、当時流行していたフックソングと全てマネできる振りつけを駆使したアイドルグループとは違い、ズレのない”刃物群舞”と自分たちだけの特色が現れる曲で歌謡界の門を叩いた。彼らは当時さほど注目を浴びることができなかったが、着実にINFINITEのカラーを見つけ出して、自分たちだけのブランドを構築した。その後、1年ぶりに「僕のものになって」で歌番組1位を獲得して人気に加速を付けた。そして「Paradise」、「白い告白」、「追撃者」などリリースごとに音楽配信チャートを席巻して、堂々と人気アイドルグループの仲間入りを果たした。また、リーダーソンギュはソロアルバムを、ホヤとドンウはINFINITE Hという名前でユニットを結成してINFINITEの時とはまた違う魅力を見せて活動を成功させた。