新曲が「江南スタイル」の人気を引き継ぐ事ができるか

PSYのコンサート「ハプニング(HAPPENING)」の前売り率がダントツで1位を駆け抜けている。

PSYは3月11日、国内単独コンサート「HAPPENING」のチケット前売りを電撃オープンし、リアルタイムで提供されるインターパーク当日前売り順位チャートで74.9%という圧倒的な前売り率を記録して1位の座に上がった。

「HAPPENING」はPSYが昨年8月11日蚕室(チャムシル)総合運動場補助競技場で開かれた「PSY SUMMER STAND CONCERT 2012 THE WATER SHOW」以来初めて開く有料の正式的なコンサートで、PSYは当日、コンサートで新曲を初披露すると伝え、関心を集めている。

PSYのコンサートは海外メディアの熱い関心を持っている。米国メディアのビルボード、タイム、MTVがPSYの新曲発売とコンサート開催を取り上げ、話題となり米国のミュージックビデオ専門誌COMPLEX、音楽専門ケーブルFUSE TV、オンライン大衆文化サイトIDOLATOR.COM、インターネット媒体SF EXAMINERなど数多くのメディアが相次いでコンサート「HAPPENING」に高い関心を注いだ。

各メディアはPSYの新曲が「江南スタイル」の人気を引き継ぐ事ができるかどうかに集中スポットをあて、特にFUSE TVは「PSYの次のダンスブームのためにストレッチを開始すると良いだろう」と報道した。

一方、PSYはコンサート「HAPPENING」をYouTubeチャンネルを通じて全世界に生中継する計画だ。PSYのコンサート「HAPPENING」は、4月13日ソウル上岩洞(サンアムドン)ワールドカップ競技場で電撃開催される。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-