控え目に返事

キム・テヒがRainとの熱愛説後、初公式的場で控え目に立場を伝えた。

SBS新月火ドラマ「チャン・オクジョン」記者会見が京畿(キョンギ)道 一山(イルサン)SBS製作センターで俳優キム・テヒ、ホン・スヒョン、ハン・スンヨン等が参加した中で進行された。

この日キム・テヒは「恋愛中なのでドラマでも恋愛の演技に役に立つか」という質問を受けて少し困るように笑った後、「皆さんもご存じの通りまだ始まったばかりの段階だ。2ヶ月前に報道資料で申し上げたようにお互いを知って行く段階で変化した部分がないのでドラマの劇中でイ・スンとの恋愛とは少し距離がある。現在、私にはドラマしか見えなくて私の個人的な経験を利用をしたとしたら私がこれまで生きてきた間のさまざまな経験を思い浮かべなければならないようだ」と控え目に返事した。

引き続いて「Rainが応援をしてくれたのか」という質問には「私が心配をたくさんした。このドラマの放送と撮影を控えて報道されてドラマのチームに本当に申し訳なくて、もしかしたらドラマ全体のチームに迷惑をかけるのではないかと悩みが多かった。そんな部分において『上手く行くはずだ。熱心にすれば良い結果が出るはずだ』と応援をしてくれた」と付け加えた。

小説「チャン・ヒビン、愛に生きる」を原作にしている「チャン・オクジョン」は記録された歴史ではない新しい視覚と人間的な接近を通じて彼女の人生を再照明したフィクション時代劇だ。

キム・テヒ、ユ・アイン、ホン・スヒョン、イ・サンヨプ、ジェヒ、ソン・ドンイル等、個性派の演技者たちの総出動で期待を集めているロマンチック恋愛時代劇「チャン・オクジョン」は「野王」の後続で来月8日に韓国で初放送される。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-