活発なマーケティング活動を展開予定

女優チョン・ジヒョンが、デビュー16年目で初めて酒類のイメージキャラクターになった。

クッスンダンは今月11日、チョン・ジヒョンを自社広告モデルに抜てきしたと明らかにした。クッスンダンの関係者は、今後1年間チョン・ジヒョンをモデルに、活発なマーケティング活動を展開する予定だと伝えた。

チョン・ジヒョンが酒類のイメージキャラクターを務めるのは、デビュー16年目で初めてだ。今まで焼酎やビールなど色々な酒類業者がチョン・ジヒョンをモデルで契約するために努力したが、成し遂げられなかった。

クッスンダンの関係者は「チョン・ジヒョンの都市的で洗練されたイメージと、清純でありながら、最近映画を通して見せてくれた溌刺とした姿や優れた演技力などが、低迷した私たちの伝統酒の市場を生かせる最高のモデルに適格だと判断された。チョン・ジヒョンが韓国的なものに関心が高く、普段から伝統酒への愛着が高かったのが、今回のモデル契約の決定的な要因になった」と話した。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-