「片っ端から仕事をするほかはなかった」

イ・ビョンホン:韓流スター・韓流ドラマなどの韓流情報なら韓流エンターテイメント!

俳優イ・ビョンホンが、父親の死後にばく大な借金を抱え、深刻な精神的苦痛を味わったと告白した。

最近行われたSBS深夜トークショー「ヒーリングキャンプ」の収録では、ハリウッドに進出してワールドスターに成長したイ・ビョンホンが出演した。イ・ビョンホンは、TVドラマを通じて顔を売り、俳優として光を見ている頃、突然父親の死で家長にならなければならなかったと打ち明けた。

さらに、父親が事業で残した借金も返さなければならない状況に置かれたという。彼は「家庭の責任を負わなければならない長男として、借金返済のために片っ端から仕事をするほかなかった」と話した。誰もそのような自身の状況を知らなかったとし、当時を回想した。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-