性別、世代を問わずに老若男女誰もが楽しむことができる

映画「7号室の贈り物」の行く道に障害物はない。

映画振興委員会映画館入場券統合ネットワークによれば映画「7号室の贈り物」は累積観客数1,205万6,432人を記録し、ボックスオフィス1位「新世界」に引き続き2位に上がった。止まることができない興行上昇勢だ。

公開してから46日経ったが、相変らず観客たちは「7号室の贈り物」に沸き返っている。「7号室の贈り物」の人気要因はこの映画自体だ。性別、世代を問わずに老若男女誰もが楽しむことができるという強点が1,200万人という数字を集めたようである。

映画館を一番多く訪れる20〜30代がスタートだった。口コミで週末を迎えた10代の青少年たちが「7号室の贈り物」を見て涙をこぼしたとし、最後は両親、そして両親の両親たちまで劇場を訪れた。

涙を大量に流すようにさせる作品なので「二度見ることは大変だ」と言ったりするため、「7号室の贈り物」の1,200万人突破の与える意味はずっと貴い。映画の内容も良いが上手く行くしかない雰囲気が造成した。

専門家は「『7号室の贈り物』効果は『7号室の贈り物』だから可能だったことだ。これにより第2、第3の『7号室の贈り物』を作り出すことは少し危険がある。観客がまた訪れるに値する時期がまた訪れるだろう」と分析した。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-