「早いうちに良い作品で復帰ができるように努力する」

アン・ジェウクが蜘蛛幕下出血で手術を受けた後、公式立場を明らかにした。アン・ジェウクの公式立場は所属事務所ジェイブルエンタテインメント報道資料を通じて伝わった。

所属事務所側は「アン・ジェウクが3日の夜明け方に帰国した。アン・ジェウクの経過を見守ってくださった多くの方々と関係者の皆さんに心よりご感謝の言葉を申し上げます」と感謝の気持ちを示した。

引き続いて「アン・ジェウクは手術及び回復経過が非常に良く、すぐに退院することができた。アメリカ現地の病院側から飛行機搭乗の許可が下りて思ったより早く帰国することができるようになった。帰国に関する情報をあらかじめ知らせることができなかったことは何より帰国後に確かな結果が出て、その結果を知らせるのが重要だと聞いたからだ」と付け加えた。

先立ってアン・ジェウクは先月4日、アメリカラスベガスのある病院で蜘蛛幕下出血(subarachnoid hemorrhage berry aneurysm)という診断を受けて5時間にわたって脳手術を受けた。蜘蛛幕下出血は脳圧が上昇しながら生じた出血だ。アン・ジェウクの場合脳圧の上昇を阻む道を作ってくれる方式で手術が進行された。

所属事務所側によればアン・ジェウクは帰国後病院を尋ねて手術結果及び回復結果を察した。アン・ジェウクの経過を見た韓国医療陣側は手術結果が良くて幸いにも後遺症や障害はないと伝えた。

アン・ジェウクの所属事務所側は「アン・ジェウクが大きい手術を受けたのでこれから十分な休息を取ってリハビリに全力を傾けることが一番重要だと判断される。今すぐは活動することはできないが早いうちに良い作品で復帰ができるように努力する」と伝えた。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-