皆とリアルタイムで交流することができる空間

JYJのSNSを通じたファンスキンシップが注目を集めている。

JYJは最近、全世界で加入者が1億人を超えるGLOBAL MESSENGER LINE(ライン)の公式アカウントを開設した。JYJは最近ドラマ現場で台本をリーディングしている動画やコンサートの練習写真、サイン会後の感想を音声メッセージで送信するなど世界中のファンに多様なコンテンツを送っている。

JYJの所属事務所C.-JeSエンタテインメントの関係者は「既存の我々の公式ホームページやFacebookは事実をベースにした正確な情報伝達が目的だったととすれば、LINEは直接写真を送信したり、音声メッセージを録音するなど、ファンともっと近付くことができるものだ。JYJはワールドツアーを行って海外のファンが急増しただけに、皆とリアルタイムで交流することができる空間ができたという点で大きな意味がある」と伝えた。

また、JYJは「最近LINEの機能にかなりの面白さを感じる。音声メッセージを送ったり、シール機能も付いている。今後、海外のスケジュールがあれば、海外のアカウントにも直接メッセージを残すつもり」だと伝えた。

JYJのLINE公式アカウントは韓国語・英語・日本語・中国語・ベトナム語の5つの言語で、日本、中国、香港、台湾、トルコ、スペイン、シンガポール、タイなど計13ヶ国にリアルタイムで直接ニュースを伝える。このアカウントは2月27日にオープンして以来、1週間も経たないうちに現在、韓国語7万、日本語25万、英語18万人など計58万人を超えるユーザーが友だち登録した状態で、一日に数千人も増え続けている。

一方、JYJのLINE公式アカウントオープンとキム・ジェジュンのアジアツアーを記念するため11日、キム・ジェジュンLINEチャットイベントを生中継で行う予定だ。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-