ファンの方々に告げずに入隊する事になって少し申し訳ない気持ちだ

俳優ユ・スンホが極秘裏に入隊した。

ユ・スンホは春川(チュンチョン)102補充隊に入所し、所属事務所の代表と家族が同行した。他の将兵に迷惑になりたくないというユ・スンホの意向に応じて、他の人々には知らせなかった。芸能人が入隊する際、少なくても数百人、多くて数千人の取材陣とファンが殺到する。そのため、現場は複雑になり他の入隊者たちの迷惑になることもある。

ユ・スンホは他の芸能人の入隊者とは違って、取材陣のインタビューも受けず、ファンの見送りもなかった。しかし、所属事務所の関係者は「特別憂いの表情もなく陽気な姿で入って行った。『元気に行って来ます』と言っていた」と伝えた。

ユ・スンホはこの日、自身のファンカフェ「トーク・トゥ・ユー」(TALK TO U)に「入隊の日付をファンの方々に告げずに入隊する事になって少し申し訳ない気持ちだ。静かに入隊することが他の将兵の皆さんに迷惑かけない方法だと思った」と伝えた。

続いて「僕の年で入隊は当然なことで、また軍隊はすごく望んでいたことだ。10年以上演技をしながらストレスも受け、同じ毎日の繰り返しだった生活から少し離れたいという思いもあって新しい経験がしたかった」と伝えた。

先立ってユ・スンホは2011年10月には特例入学を辞退してファンの賞賛を受けた。名門大学政治外交学科特例入学という噂が出回ったが「提案を受けたのは確かだが、大学に行っても学業に充実することができず、他の生徒の迷惑になると判断して大学進学を諦めた」と伝えた。

昨年12月ドラマ「会いたい」放送時は現役で入隊計画とし「芸能兵ではなく、一般的の陸軍部隊や最前線部隊配置を望んでいる」との立場を伝えた。最近はKBS1TVドキュメンタリー「勉強する人間」のナレーションを務め「出演料全額を寄付する」事を伝え拍手を受けた。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-