「周囲の人々によくする人でいたいです」1

ドラマ『金の化身』で全盛期を迎えている魅力的な俳優カン・ジファン。彼の話が気になる。

Q:生きていく上で必ず守りたいことはありますか?大層に“定義”まではいかなくても。

カン・ジファン:(じっくり考えて)僕は周囲の人々によくする人でいたいです。僕は“一當百(一人が百人を相手にする)”という単語が好きですが、性格は外向的な方ではないので、対人関係は広くありません。そのかわり、百人の代わりをする一人との関係を重視します。友人が多くはないけれど、僕の周囲の人々においしいものを食べさせたくて、いいところに連れていきたくて、そうします。

Q:危機の瞬間ごとにファンが大きな力になりますね。

カン・ジファン:よくない記事が出たり大変なことが起こると、両親には心配をかけるだろうと言葉をかけられず、かと言って友人に話すのも何なので、ファンサイトに入ります。実家のような場所で、いい言葉だけ書かれていますね。指摘や助言を喜んで受け入れてこそ正しいが、本当に大変でとても辛い時は、厳しい発言は見たくありません。大変なときは僕をほめて応援してくれる文章を何度も見ます。一度見たものをもう一度見て、今日見たものを明日また見て。数十回見ます。いくら人々が僕に背を向けても、こうして僕を心配して慰める人々がいるから、僕はもっと上手くやらなければと考えることになります。