シンガポールでドラマ「Dr.JIN」の公式プロモーションを行った

ソン・スンホンがシンガポールを熱くした。

「秋の童話」を通じて韓流スターとして多くの愛を受けて来たソン・スンホンが2月28日から3月2日までの3日間、シンガポールでドラマ「Dr.JIN」の公式プロモーションを行った。今回のソン・スンホンのシンガポール訪問は国営放送局であるMedia Corpの招待で行われた。

Media Corp側は「一般的にケーブルで編成される韓国ドラマに対し韓流スターソン・スンホンが主演であることを考慮し、またドラマ『Dr.JIN』の作品の完成度も素晴らしいため地上波チャンネルである『チャンネルU』に4月1日から電撃編成し、今回のソン・スンホンのシンガポール招待を通じドラマとソン・スンホンブームを巻き起こす事が予想される」という立場を示した。

ソン・スンホンはインタビューの中で「シンガポールは本当に綺麗で活気のある国だ」と話し、最も記憶に残る料理はチリクラブ、最も訪問してみたい所はセントーサと答えた。続いて「また必ずシンガポールに旅行で訪問したい」とシンガポールの訪問感想を伝えた。

ソン・スンホンは今回のシンガポール訪問を通じ、公開記者会見と多数のメディアとのグループと個別インタビューを行い、シンガポールで雑誌のカバー撮影などを終え、ファンと会う場も持ち、短い日程で多くのスケジュールをこなし帰国した。ソン・スンホンは、シンガポールから帰国後すぐに4月MBC放映予定の「男が愛する時」の撮影に邁進する予定だ。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-