『Re:BLUE』が国内を越えてグローバルな人気を集めている

今年のワールドツアーを計画中のアイドルバンドCNBLUEが、オーストラリアでのコンサートを加えた。

CNBLUEの所属事務所FNCエンタテインメントは「CNBLUEが6月1日と15日、オーストラリアのシドニー、フィリピンのステージに立つ。国内のバンドがオーストラリアでコンサートを開くのは今回が初めてだ」と伝えた。続いて「ヨーロッパ-北南アメリカのスケジュールも調整中だ」と付け加えた。

CNBLUEは4月6日台湾を皮切りに、13日シンガポール、5月4日タイ、11日香港などを回りワールドツアーを継続する。また5月25日と26日の両日、ソウル蚕室(チャムシル)室内体育館コンサートを通じ、国内のコンサートも開催する。

所属事務所側は「CNBLUEが最近発表したミニアルバム『Re:BLUE』が国内を越えてグローバルな人気を集めているだけに、ワールドツアーの反応も熱くなると予想される」との期待を伝えた。これと共にCNBLUEの「2013ワールドツアー」のタイトルである「BLUE MOON」の公式ポスターも公開した。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-