ミャンマーのファン約100人とそれぞれ一対一で写真撮影

中華圏のプリンスとして浮上中の俳優チョン・イルが韓流スター初のミャンマー訪問をし、現地のファンたちの熱い歓迎を受けた。

チョン・イルは現在モデルとして活躍中のコスメブランド「Holika Holika」(ホリカホリカ)の広報ファンミーティングでミャンマーを訪れた。ヤンゴン国際空港はチョン・イルの初ミャンマー訪問を歓迎するために集まったファンで人だかりができ、近隣国のマレーシア、タイ、ベトナムなどからもファンが参加した。

チョン・イルは、ミャンマーウエスタンパークロイヤルを訪れ、熾烈な競争を勝ち抜いて当選を手にしたミャンマーのファン約100人とそれぞれ一対一で写真撮影をするなど特別なイベントを繰り広げた。当初、今回のイベントはファンサイン会形式で進行される予定だったが、ファンともっと近くなりたいというチョン・イルの要求でファン一人一人との写真撮影という特別なイベントに変更された。

Holika Holikaイベント関係者は「チョン・イルは、ミャンマーに初めて訪れた韓流スターだ。ファンとのイベントを終えた後、現地の店舗に訪問するまでの間、歓迎の歓声と熱気に動くことさえ容易ではなかった。ミャンマー初訪問と共に自分を待ってくれたファンのためイベントにまで丁寧に気を使う姿がとてもありがたかった」と伝えた。

t-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-