パク・シフ側に3月1日午前10時、西部警察署へ出頭指示

パク・シフ:韓流スター・韓流ドラマなどの韓流情報なら韓流エンターテイメント!

俳優パク・シフを性暴行容疑で告訴した芸能人志望生A氏の薬物検査結果で、薬物反応がなかったことがわかった。

国立科学捜査研究員は、A氏の血液と尿の精密分析の結果、陰性判定が出たと明らかにした。結果は、管轄署であるソウル西部警察署にも通知された。しかし、パク・シフと被害者A氏には性的接触があり、強制性の部分について両者が対立しているだけに、警察は両者の陳述を土台に正確な事件情況を把握する計画だ。

まだ、パク・シフに対する調査はなされなかった。警察は、近隣の産婦人科で告訴人Aの髪の毛、尿、血液などのサンプルを採取して、国立科学捜査研究員に分析を依頼した。

一方、パク・シフ側には、3月1日午前10時、西部警察署への出頭を通知した。拒否した場合、逮捕令状の申請も検討するという方針だ。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-