韓国のポップアイコンとして位置づける

ガールズグループ4Minute(フオーミニッツ)のヒョナが、英国のファッション誌「POP」のカバーガールとして登場した。

ヒョナは、韓国アーティストとしては初めて「POP」とのコラボレーションを通じてカバーを飾り、K-POPのアイコンとして様々なスタイルを披露して注目されていている。

ヒョナは、「POP」28号で独自のセクシーとキュートの調和を作り出し、「POP」の芸術的で独特の感性で再解釈されて好評を得ている。

「POP」ではこれまで、マドンナ、ブリトニー・スピアーズ、ケイト・モス、ベッカム、ジェニファー・ロペスなど世界的なファッション、大衆文化のアイコンがカバーを飾った。

「POP」の編集長Ashley Heathは、ヒョナをカバーガールに選んだ理由について「ヒョナはPSY(サイ)の「江南(カンナム)スタイル」プロモーションビデオを通じて、西洋人の意識に韓国のポップアイコンとして位置づけることになった」と伝えた。

引き続き「YouTubeの数回のクリックが一瞬で100万、1,000万と増え、ヒョナだけの魅力に魅了された。ヒョナはスタイリッシュで現代の自立した女性の見本といえる」と説明した。

ヒョナこれまで、「Bubble Pop」「Ice Cream」などヒット曲が好評を受けてガーディアンほか英国の有数メディアから絶賛されてきたが、世界的なファッションアイコンが参加した雑誌の表紙を飾ることによって、ファッション界でも新たに注目を浴びることになるのか関心が集められている。

「POP」誌は、ファッションを一つの作品として創り出すダイナミックなイメージとして画期的な試みを行う、世界中に読者を持つトレンディーなファッション、アートマガジンとして知られている。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-