別れの辛さを抱く自分をサボテンに例えた叙情的で共感できる歌詞

INFINITEのウヒョンとLucia(シム・ギュソン)がEpitone Project(エピトンプロジェクト)の歌「サボテン」をリメイクし公開する。

「サボテン」は、最近イ・スンギのミニアルバム「森」をプロデュースして話題になったEpitone Projectの曲で、Epitone Projectの1stアルバム「遺失物保管所」に収録された曲だ。

「遺失物保管所」に収録されたバージョンでは、Luciaがボーカルで参加した。別れの辛さを抱く自分をサボテンに例えた叙情的で共感できる歌詞で、マニアたちから愛されているこの曲を国内最高アイドルグループINFINITEのメインボーカルであるウヒョンと俳優のコン・ユ、小説家キム・タクファンなど数多くの有名人から賛辞を受けているLucia(シム・ギュソン)がデュエットで歌う。特にINFINITEでは強烈な音楽を主に歌ってきたウヒョンが今回の曲では、叙情的なボイスとささやくような歌声を披露する。

今回のリメイクはロエンエンタテインメントの「re:code」プロジェクトで、GEEKSの「Officially Missing You」に次ぐ2つ目の作品だ。アルバムを企画したロエンエンタテイメントは、「Epitone Projectの音楽は既に完成度の高い音楽で多くのマニアたちに認められており、原曲よりも優れたリメイクを心掛け、歌い手の決定に心血を注ぎ、何度もアレンジを変更しながらこの曲を完成させた」と伝えた。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-