アジアを代表する韓流スターであることを再度立証

グループSUPER JUNIOR-Mが中華圏のファンと共にファンミーティングを盛況裏に終えた。

SUPER JUNIOR-Mは21日から23日まで台湾大学体育館、24日中国四川省体育館で「Super Junior-M Fan Party Break Down」を開催し、盛況裏に終えた。4日間で計2万人の観客を動員し、アジアを代表する韓流スターであることを再度立証した。

このファンパーティーを報道するため現地メディアの熱い取材競争も注目を集めた。TVBS、CTS、自由時報など台湾現地マスコミはSUPER JUNIOR-Mの空港への入国現場から記者会見、ファンパーティーのニュースまで集中し、すべてを報道した。

特に聯合報は「SUPER JUNIOR-M ベストを尽くした情熱的なステージ!観客たちの合唱に雰囲気盛り上がる!」というタイトルの記事で、現場の熱気を詳細に取り扱い台湾での人気を確認させた。

今回のファンパーティーでSUPER JUNIOR-Mは、タイトル曲「Break Down」をはじめとする「GO」「完美的再見」などの2ndアルバム収録曲のステージと「運命線」「Me」「到了明天」などのヒット曲などメンバーの個性が光るソロステージでファンたちと心を1つにした。

またSUPER JUNIOR-Mは近況トークやイベントに参加したファンとの記念撮影はもちろん、メンバーの活動写真を見ながら会話を交わし交流の時間を持った。観客もコンサート中、青のペンライトを振りSUPER JUNIOR-Mの歌を後について歌った。

また「ELF+SJMいつも一緒に」をはじめ、バカみたいに愛するという意味の「xiang ben dan yi yang ai ni」というカードセクションでイベントをしてメンバーを感動させた。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-