初のワールドツアーへ突入

CNBLUE:韓流スター・韓流ドラマなどの韓流情報なら韓流エンターテイメント!

人気グループCNBLUE(シーエヌブルー)が、6週間のカムバック活動を締めくくり、ワールドツアーに突入する。

CNBLUEはSBS「人気歌謡」で、「coffee shop」と「I’m sorry」をライブで披露して、最後のステージを持った。カムバックのアルバムタイトルは『Re:BLUE』。3年前のデビュー日に合わせて、初心に帰ろうという意味を込めた。

今回の4thミニアルバムの活動で、CNBLUEは自作曲を多数収録し、タイトル曲もリーダージョン・ヨンファの自作曲を前面に押し出して、作曲アイドルとしての面目を遺憾なく発揮した。また、音楽番組でも常にオールライブ演奏と歌に固執し、実力面でも日進月歩した姿に発展したバンドイメージを構築したという評価を受けた。

6週間の韓国活動を終えたCNBLUEは、4月から本格的にワールドツアーの準備に専念する。今回のワールドツアーは中国、シンガポール、香港などアジアのほか、ヨーロッパ、オーストラリア、北米、南米まで続く大規模ツアーで、韓国バンドとしては初めての歩みだ。5月にはソウルでもコンサートを開催する計画だ。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-