グラマーなスタイル見せつける

ガールズグループSISTAR19が、驚きのセクシーさでステージを熱くさせた。

SISTAR19は今月24日午後、SBS「人気歌謡」でタイトル曲「いた人がいなくなると」を熱唱した。同曲は、ヒョリンとボラによる、愛と別れを経験した後、体も心も少女から女に変わっていく内面の感情を完ぺきに表現した曲だ。

別れのむなしさと痛みを切実に表現したクライマックス部分のサックスホーンの声は、ヒョリンのボーカルと交わって耳を刺激する。

SISTAR19は、紫色のジャンプスーツ衣装でグラマーなスタイルを見せつけた。また、驚きのシースルー衣装で男性ファンの心をときめかせた。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-