意味深い場でファンの方々と共にできて幸せだ

ソロ歌手「エム(M)」で活動中のグループSHINHWAのメンバーイ・ミヌが中国初単独ファンミーティングを盛況裏に終えた。

イ・ミヌは中国北京のウーコーソン体育館エムスペースで2013 イ・ミヌファンミーティングin北京「M STYLE」というタイトルでファンと出会った。1stミニアルバム収録曲「Believe in Love」を歌いながら登場したイ・ミヌはこの日公演場をいっぱいにしたファンから熱い歓声を受けた。

直接中国語で挨拶してファンの感動を買ったりもした。広報社は「イ・ミヌはファンミーティングの始終、多様なステージと真率な姿を現わしたし、ファンとの写真撮影を最後に2時間に達したファンミーティングを終えた」と伝えた。

今回の行事はソロ歌手としては初単独ファンミーティングで、イ・ミヌのソロデビュー10周年を記念して用意された場だ。ファンは10周年を祝うサプライズケーキを準備したことはもちろん、イ・ミヌに送るファイトの意味が込められた映像メッセージを準備して暖かい感動を演出した。

イ・ミヌは「今年が『M』としてソロ活動を始めてから10周年になる年だが、こんなに意味深い場でファンの方々と共にできて幸せだ。いつも僕とSHINHWAに惜しみない応援と愛を送ってくださって本当に感謝する」と伝えた。

一方、イ・ミヌは来月16日、17日の両日間、ソウル松坡(ソンパ)区オリンピック公園体操競技場で開催されるグループSHINHWAのデビュー15周年記念カムバックコンサートを控えている。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-