情熱的な公演を披露した

6人組ボーイズグループB.A.P(パン・ヨングク、ヒムチャン、デヒョン、ヨンジェ、ジョンオプ、ZELO)がデビュー1年ぶりにソウルオリンピック公園オリンピックホールで初単独コンサート「BAP LIVE ON EARTH SEOUL」を開催した。

この日B.A.Pは「B.A.P LIVE ON EARTH SEOUL」コンサート舞台に上がって情熱的な公演を披露した。B.A.Pは去年1年間、短い空白期だが毎回違う姿でステージに上がってファンに盛りだくさんの姿を披露した。

この日B.A.Pは他のアイドルグループより注目を引く要因に対して「同期たちに比べて注目されることに対して光栄だと思う。多くの関心を集める理由は音楽的なカラーが大きな役割をしたと思う」と明らかにした。引き続いて「韓国内だけでなく国外でも人気を集めている点は僕たちも疑問だ。しかし、大衆的ではない音楽的なカラーが一番大きな理由だと思う」と言って注目を集めた。

B.A.Pは去年1年間、ファンにたくさんの姿を披露した。また、12日に発売した「ONE SHOT」は荒っぽい男の魅力を漂わせて風変わりな魅力をアピールした。特に今回の「ONE SHOT」は発売と同時にアメリカ、カナダ、ニュージーランドでi-tunesヒップホップチャートはもちろん、ビルボードワールドアルバムで1位に輝いて記録的なブームを起こした。

今回のコンサートステージでB.A.Pは既存タイトル曲のみならず、「雨音」「グッバイ」「ダンシング・イン・ザ・レイン」「ファイト・フオー・フリーダム」など2月に発表される2ndミニアルバムの収録曲たちも一緒に披露した。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-