台湾での人気を実感する記録

アイドルバンドCNBLUE(シーエヌブルー)の新作アルバム『Re:blue』が、台湾の8つのチャートで1位を記録した。

最近発表したCNBLUEのミニアルバムタイトル曲「I’m sorry」は、台湾の音楽サイトのモバイル着うた2月3週の週間チャートで、東洋音楽部門1位を獲得した。また、台湾Omusicチャートでも配信、アルバム部門デイリー、週間チャートを総なめにした。

同曲は、日韓音楽部門で最も多く再生された音楽デイリー、ウィークリーチャート1位、アルバムは販売されたアルバムデイリー、ウィークリー1位を獲得するなど、台湾で大きな人気を得ている。それだけでなく、その他のアルバム収録曲もそれぞれチャート上位にランクインして、CNBLUEの台湾での人気を実感させた。

CNBLUEは今後、台湾と韓国を行き来して様々な活動を展開する計画だ。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-