今後の展望3つを解説1

強姦容疑で訴えられた俳優パク・シフの動向が焦眉の関心事として浮上している。

今月15日、芸能人志望生Aさん(22)は「パク・シフから性暴行を受けた」と主張して、ソウル西部警察署ワンストップサービスセンターを通じて事件を申告した後、同署に告訴状を提出した。パク・シフ側は「酒の席の後で互いに好感を持って気持ちを通わせたのであって、強制性はなかった」と反論した。双方とも現在は一方的な主張で、真実は明らかにならなかった。

◆展望1.合意するだろうか?

当初、パク・シフは今月19日に召還調査を受ける予定だったが、調査日程の延期を要求した。言論メディアが集まることに負担を感じたパク・シフが静かに調査を受けるために日程を先送りしたという推測と共に、被害者と合意を試みるのではという観測も出てきている。Aさんは今月14日にパク・シフと関係を持った後、15日直ちに警察に申告した。両者が合意の機会を持ったと見るには、物理的な時間が不足する。そこで、円満な事件解決のため、パク・シフが警察の調査を受ける前に被害者と先に対話を試みる可能性が大きい。