「グループよりソロ活動が集中したらどうするか?」

ガールズグループ少女時代のヒョヨンが、SHINHWAにソロ活動に集中するメンバーが出てきたらどうするかと質問した。

JTBC「神話放送」では、少女時代とSHINHWAが共にする「少女時代がいる同居同楽」が放送された。ラフなジャージ姿に着替えたメンバーは、正直な話を打ち明け始めた。

ヒョヨンはSHINHWAに「グループが5年以上続くと、ソロ活動をするメンバーが出てきて、各自将来について心配する。どうしてもソロ活動に集中する時があるだろうが、そのいう時はどうしたらいいか」と尋ねた。

これに対しイ・ミヌは「SHINHWAはソロで活動したくなった時期が明確にあった。そうした中で一通りソロ活動をしてみたら、メンバーが懐かしくなった。それが今の姿に残った」と説明した。チョンジンは「僕たち全員、1回ずつはチームのためにメンバーが犠牲になったことがある」とつけ加えた。

キム・ドンワンは「本人がうまくいく時は、力の源泉が所属グループにあることを忘れなければいいだろう」と伝えた。すると、ヒョヨンはユナの背中をポンと叩いて、注目を浴びた。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-