今まで出演できなかったKBSに“強制出演”1

人気グループJYJが、今月25日開かれる第18代大統領就任式に参加する。各種公益広報大使に任命されたのに続いて大統領就任式のステージにも上がり、“公営アイドル”としての独自の位置づけを強固にした。

ポータルサイトを参照すると、これまでJYJが広報大使を務めたのは7回。2011年の一年間、韓国電力公社の広報大使、第10次アジア太平洋エイズ大会広報大使、教育科学技術部学校文化を変えるオンライン広報大使などに任命された。特に、国際機構であるUNの傘下機構UNAIDSでアジア・太平洋地域の親善大使に任命されたことは、JYJの国際的な地位を確認させるのに大きな役割を果たした。

このように韓国内外で公益的活動の“顔”として活動する彼らだが、放送メディアで彼らの姿を一度に見るのは依然として難しい。2010年にKBS演技大賞で祝賀ステージを行っただけで、バラエティや音楽番組から、彼らは徹底的に排除された。特に、2011年7月のKBS「7大景観選定祈願KBS特集5ヶ所生中継」では、JYJが出演を受けたものの放送4日前に出演取り消しが通知されて波紋を呼んだ。