レッドカーペット&VIP試写会

映画「チャイニーズ・ゾディアック」レッドカーペット&VIP試写会がソウル中区小公(ソゴン)洞LOTTE AVENUELで開かれた。

この日のレッドカーペットにはジャッキー・チェンとクオン・サンウが参加した。「チャイニーズ・ゾディアック」は国宝級の宝物を盗まれてから150年が経った後、宝物狩人JC(ジャッキー・チェン)チーム一員が全世界の競り市で高額に取り引きされる東洋のアテネ12ブロンズの行方を追跡する話を描く。

行方がはっきりしない12ブロンズの中で6個のブロンズを捜すためにフランス、オーストラリア、バヌアーツなど世界各国を歩き回る過程を盛った。ジャングルシーン、海上シーン、活火山シーンなど、宝物を捜し回るJCチーム一員が大きいスケールで撮影した。

ジャッキー・チェンが製作、脚本、監督まで引き受けたアクションアドベンチャー映画で製作期間は7年、約1,000億ウオンの製作コストが投入された。特に韓国俳優のクオン・サンウがキャスティングされて関心を受けた。

劇中クオン・サンウはすべての作戦最前方で活躍するJCの心強い利き腕サイモンを演技した。早い頭脳回転とアクション本能で危機瞬間ごとにJCチームを助け出す人物だ。

全世界の有名俳優たちを差し置いてジャッキー・チェンの選択を受けたクオン・サンウは映画「マルチュク青春通り」で立証したアクション演技を遺憾無く発揮した。アクションワールドスタージャッキー・チェンと呼吸を合わせてすべての台詞を中国語で演技した。映画興行によって中国、アメリカなどで絶えないラブコールを受けているという裏話だ。

これと共に映画最後には韓国でもよく知られた中華圏のトップスターが特別出演して視線を捕らえる。「チャイニーズ・ゾディアック」は中国、マレーシア、ロシアなど26ヶ国公開を引き続けているし、累積売上高1億6,000万ドル(約1,753億ウオン)を突破した。日本、ヨーロッパ、北米地域でも公開が確定された状態だ。韓国では2月28日公開される。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-