ヤコブの11番目の息子ヨセフを演じる

ソン・チャンウィ、チョ・ソンモ、チョン・ドンハ、イム・シワンが各々異なる「ヨセフ」に扮する。

「光化門恋歌」でミュージカルに足を踏み入れミュージカルライジングスター歌手であるチョ・ソンモとミュージカル俳優出身ソン・チャンウィ、復活のボーカルで今韓国中から注目を集めているチョン・ドンハ、そしてZE:Aメンバーであり「太陽を抱く月」「赤道の男」などで演技派アイドルとして生まれ変わったイム・シワンという4人の俳優は、それぞれ別の4人4色のヨセフを観客にプレゼントする。

ソウル松坡(ソンパ)区蚕室(チャムシル)シャーロッテシアターで開かれた「ヨセフ・アンド・ザ・アメージング・テクニカラー・ドリームコート」プレスコールでは、ヨセフ役の4人の俳優が参加し試演を繰り広げた。歌手チョ・ソンモは美声のボーカルで、ソン・チャンウィは淡泊ながらも慎重な声でヨセフを演じた。

また、ロッカーのチョン・ドンハは牢獄に閉じ込められた姿を披露し「怒りのヨセフ」に憑依して強烈な印象を与えた。チョ・ソンモはチョン・ドンハについて「情動する『ロックヨセフ』である。とてもカリスマが溢れ出るヨセフの姿を見ることができるだろう」と説明した。

また4人のうち唯一のアイドルメンバーのイム・シワンは最も若いヨセフ役を引き受けた。劇中、聖書の中のヤコブの11番目の息子ヨセフを演じるイム・シワンは10人の兄たちの間で天真爛漫な姿と同時に捨てられる哀れな姿まで披露し演技派アイドルであることを証明した。

チョ・ソンモは「イム・シワンは可愛くて愛らしいヨセフである。何もしなくても可愛い末っ子ヨセフの姿がにじみ出ている」と伝えた。

一方、「ヨセフ・アンド・ザ・アメージング・テクニカラー・ドリームコート」は、聖書の中のヤコブの12人の息子のうち、11番目の息子であるヨセフの夢と旅程の話を盛り込んでいる。色とりどりのドリームコートとファラオの夢を解くシーンの中でファンタジー的な感性を感じることができるだろう。

ミュージカル「ヨセフ・アンド・ザ・アメージング・テクニカラー・ドリームコート」は、4月11日までシャーロッテシアターで行われ、4人のヨセフの公演スケジュールは公式ホームページを通じて確認することができる。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-